マンション売却をするときに下した重要な判断

マンション売却では人間性が重要値引き交渉がある

マンション売却をしてみてわかったのが、人間性が重要ということでした。私は単純に、「相場が2千万円なら2千万円で買ってくれる」ものだと思っていたのです。やってみると、そう簡単には行きませんでした。よく言われているのが、不動産会社によって査定の金額が異なるのでるべく高く査定してくれる会社と仲介契約をするべきということ。しかし、私は一番高く査定をしてくれる不動産会社と契約したのですが、失敗しました。
1つ目の失敗ポイントは、担当者が話しにくいということでした。経験豊富で頼りになりそうだったのだけど、あまり会話がはずまずストレスに。マンション売却は1カ月ですぐに売れることもあれば、半年経っても売れないこともあります。長い付き合いになるかもしれないので、自分との相性も重視するべきです。また、担当者が販売戦略や、購入希望者への説明などほぼすべてのことをしてくれます。そのことも考えて、良いと思う担当者を選ぶことが大切。最初に仲介契約を結んだ不動産会社では3カ月経過しても購入希望者が現れませんでした。査定額が高くても購入者が現れなければ意味がない。そこで、次は担当者の印象が良いと思った不動産会社を選びました。それが正解して、1カ月程度で購入希望者が現れました。

親からマンションを相続 : 値引き交渉がある : 思い切って行動してよかった : マンション売却では人間性が重要値引き交渉がある